ウレタン塗料はお得?外壁塗装を徹底調査

初めての外壁塗装~ウレタン塗料は防水性高し!~

ウレタン塗料に興味のある人へ

一戸建て

外壁塗装を低コストに抑えたいのであれば、ウレタン塗料が人気です。防水性が高く低コストなので、全体的な出費を減らすことができます。しかし、家というのは外壁以外にも塗装箇所があり、箇所によって適した外壁塗料は変わってきます。

外壁だけではないこんなに多い塗装箇所

築年数が10~15年ほど経った家は外壁塗装を行うことで家の耐久性を高め、より長持ちさせることができます。しかし、外壁塗装とは家の外壁だけではなく、他にも様々な箇所に塗装を施す必要があります。そのため、まずは塗装が必要な箇所を知っておきましょう。

破風板

一戸建ての屋根

破風板(はふいた)とは、屋根の先端部分に取り付けられている板のことです。屋根内部に吹き込む雨や風を防ぐためにつけられています。なお、破風板は防火性にも優れており、延焼を防いでくれる役割も果たしています。

軒天井

家の軒天井

軒(外壁より外側に出ている屋根の部分のこと)の裏側部分を軒天井、または軒裏天井といいます。家のデザインによっては板を貼り付けていないこともありますが、棟換気や妻換気といった換気システムを行うときには必要不可欠な部位となります。

雨どい

屋根

屋根にたまった雨水を排水するための機構のことです。雨どいが機能することで屋根に雨水が浸透せず、雨漏りの発生リスクを最大限に減らすことができます。雨どい自体も雨風で経年劣化をおこすので、外壁塗装は必須となります。

雨戸や換気フード

網戸

ガラス窓の部分に取り付ける板戸を雨戸、換気口に雨水などの侵入を防ぐための覆いを換気フードといいます。どちらも雨水対策はしっかりとしておかないといけない部分であり、対策することによって家の耐久性は上がります。

このように、軽く紹介しただけで、家にはたくさんの塗装箇所があります。しかし、これらが全てではありません。家によってはバルコニーなども塗装が必要になります。自分の家のどこに塗装を行う必要があるか、改めてチェックしてみましょう。

塗装箇所によって適した塗料

前述した外壁部分は、それぞれ異なった材質で作られていることが多く、材質によって適している塗料は異なります。外壁塗装の知識を深めるため、ここでは外壁に用いられる資材に適した塗料について紹介していきます。

木材

最もポピュラーな外壁素材が木材です。水を吸い込み、浸透すると腐食する可能性があります。よって、防水性を重視した塗料を使うことが推奨されています。また、有機物によって作られているため若干収縮があり、その影響で塗装が剥がれやすく、劣化が少し早くなってしまいます。しかし、これは弾性塗料を用いることで解決できます。

鉄材

鉄材は頑丈であり、無機物なので収縮もしないのですが雨によって錆びてしまうと見栄えが一気に悪くなってしまいます。そのため、錆止め塗料を用いることが多いです。また、木材と違って吸着性も良くないため、接着力の高い溶剤塗料を用いて塗装を行うことになります。その際にサンドペーパーなどで傷をつける(ケレン)ことにより塗料の密着力は増します。

軒天部

軒天部は軒と比較すると雨に濡れるたり直射日光があたることは少ないですが、それでも若干は濡れ、反射日光を浴びるため、決して軽視してよいわけではありません。こちらは基本的に木材が使用されるので、前述した木材の資材と同じような対応で塗装を行っていきます。また、人の目に触れやすいので色合いについても考える必要があります。

外壁塗装は、新たに塗装を行った場所の耐久年数が均一であるのが理想です。よって、リフォームを行う前にきちんと外壁の資材をチェックしておきましょう。

住宅の防水性を高める~ウレタン塗料の優れた付着性~

防水塗装の重要性

手の上の水

家のトラブルで最も多いのが、水関係のトラブルです。防水性が悪く、建物内部に染み込んだ雨は様々な被害をもたらします。雨漏りを始め、壁にシミを作ったり、木材が腐食し悪臭を発したりもろくなってしまいます。他にも、家の中の湿度が高まりカビが発生する可能性もありますし、カビを餌にするチャタテムシやコナダニが大量発生する恐れがあります。他にも室内環境が悪くなり、病気になりやすいのも湿気が高くなることによる被害の一つです。つまり、百害あって一利なしの状態になってしまうのです。そのため、防水工事というのは特に重視しなければならない項目になります。雨水に強い外壁塗料を利用して外壁塗装を行い、防水性を高める必要があるのです。

防水工事に適したウレタン塗料

防水工事に適した外壁塗料にウレタンがあります。ここではそんなウレタン塗料について紹介していきます。

ウレタン塗料とは?

ウレタン塗料は弾力性に富み、独特の光沢があるのが特徴の塗料です。また、密着性に優れており、雨どい、手すりといった箇所の外壁塗装を行うときに便利な素材とされています。そして何といっても安価なのでコストパフォーマンスに優れており、安価で外壁塗装がしやすいという点が大きなメリットです。

図表1

ウレタン塗料を使用した防水工事

家のイラスト

ウレタン塗料を用いての防水工事には、安価で施工が行える他にも多数のメリットが存在します。まず、前述したように弾力性と密着性に富んでいるため、施工場所の形状が複雑でも防水工事が行いやすいです。他にも、外壁塗料特有の臭いも少ないため、住宅街のど真ん中で外壁塗装を依頼しても周囲にあまり迷惑をかけないというのも大きなメリットの一つです。このように、ウレタン塗料による防水工事はコスト面にも周囲への配慮にも優しい外壁塗装の一つといえます。